一人暮らしでの貯金は無理と諦めていませんか?やり方次第で貯金ができる生活へ!

一人暮らしは、毎月の家賃や光熱費、その他にも出費はたくさんあります。

毎日生活していくのが精一杯で、節約まで頭が回らないと嘆いている人も多いはずです。

節約しようにも、どうすれば良いのか分からなかったり、「一人暮らしで貯金なんて無理」と考えてしまって諦めてしまう人も多くいるはずです。

実は、一人暮らしでも工夫次第で貯金ができるって皆さんはご存知でしたか?

今まで一人暮らしで貯金を諦めていた人や、節約に関して考えたことがない人、これから一人暮らしをする人へ、貯金のやり方・大切さをご紹介させてください。

一人暮らしの貯金額の相場


一般的に、一人暮らしをしている人は毎月どれぐらいの貯金をしているのでしょうか?

各々で出費なども違いますが、30歳未満の男性で平均貯金残高が164万円、女性では144万円でした。

男女共に、年収の約半分に相当する金額を貯金していることになりますが、収入に対する貯蓄率は女性の方がやや多い傾向にあります

女性の方が自炊を率先して行ったり、コツコツ節約などをしている傾向があることから、収入に対する貯蓄率が高いのだと思います。

30代以降の相場

30代以降になると、男性は520万円、女性は472万円ですが、平均出産を最近では超えていることから、女性の貯蓄年収費はより高くなっています。

男女共に30歳未満と比べると約2倍近くなり、女性は、出産や育児で仕事に出れない日々がくることから、貯めれるうちに貯めておいて出産・育児に備えるという傾向があります。

それに伴い、男性は結婚後に子どもにかかる費用や、今後の生活に関して男性的にも貯蓄して行こうと感じ、さらに貯蓄していくようです。

一人暮らしで貯金するために見直すところ


相場を話してきましたが、実際のところ貯金をするために、何を見直せばいいかまだわからないですよね。

一人暮らしで切羽詰まってるのに貯金なんてできるの?と思っている人もいるかもしれません。節約ばかり考えてたら、毎日節約が中心になった生活スタイルになってしまいます。そんな生活スタイルつまらないですよね。

たまには友達とご飯に行ったり、遊びに行ってリフレッシュしたいですよね。そういった楽しい時間を過ごす為にも、なんとか貯金したいものです。

そんな人たちの為に、貯金をする際にどんなことに気を付ければいいのかということをご紹介していきます

無理のない範囲で貯金するということを大前提に話しておりますので、皆さんも安心してくださいね。

まずは家賃から見直してみよう!

20代社会人の家賃相場は平均5〜6万円です。だいたい、ワンルームから1Kほどの部屋を選んでいることがわかります。

社会人となると手取りがだいたい20〜23万円程度ですから、給料の約25%〜30%を家賃としている人が多いと考えられます。

一般的な家賃の目安は「収入の3分の1以内」に収めるのがベストですが、これから一人暮らしを始める人や、今一人暮らしを実際に行っている人も、平均値だけでなく自分の収入とのバランスで家賃を検討するのがいいと思います。

一人暮らしで貯金をするには日々の節約が大事

皆さんは日々の生活の中で「節約」ということは意識していますか?お金の支出を減らして行くことは家計にとって、ものすごく大切なことです。

外食ばかりの生活から自炊中心の生活へ


一人暮らしをすると、食生活が乱れて外食ばかりになってしまったりします。

理由としては、仕事に疲れてそのままコンビニ弁当で済ませてしまったり、友達に誘われてご飯に行ってしまうなどです。

そういった、生活を続けてしまうと自分の体調も悪くなる一方なので、すぐにでも自炊を始めた方が良いです

財布に入れる金額を決める


財布の中にお金が入ってると、まだ平気だろうという気持ちが出て来てしまうのが本心です。なので、節約で最も大事なのが「使う金額を最初に決める」ことでしょう

お給料が入った日に、1ヶ月の生活費を決めて、お財布の中身は決まった額だけ入れておくのが良いと思います。

そうすることで、無駄遣いも無くなります。また、支出にどのくらいお金を使ったか、どれだけ銀行から引き出したかをしっかりとメモをとり確認を必ずしましょう。

光熱費は日々のちょっとした気遣いで変わる


食費の次に大きいのが「光熱費」ですが、節約方法ってどんな方法があるのでしょうか?

まず、電気にはアンペアというものがあります。それは各家庭などによって違いますが、一人暮らし用であれば少ない20アンペア程で足りるかと思います。

各アンペアごとに金額も変わってきますので、もし20アンペア以上の契約の場合は電力会社に連絡が必要でしょう。

その他には、トイレの流すレバーを大ではなく、なるべく小を利用して流すように心がけたり、トイレの給水タンクにペットボトルを入れて、給水タンクに貯まる水を少なくする方法もあります。

そういったことから、節約は毎日コツコツ諦めずに行うのがポイントと言えるでしょう。

交際費が一番削れるポイント


雑費として一番かさむのが「交際費」ですよね。友達や、仕事場の付き合いでご飯に行く機会も少なからずあると思います。

そういった誘いなどがあった場合、「今、節約してるから」と言って断ってしまうと、理想としていた楽しい生活から遠ざかってしまいます。

なので、月に1度だけご褒美にご飯に行こうと決めたり、ご飯に行く回数などが増えてしまったときは、頑張って炊事をしたりするのが良いでしょう。

交際費に関しては、うまく付き合っていくことで楽しみながら節約生活を送ることができます

一人暮らしで貯金をして明るい未来を手に入れよう!

節約というのは、毎日のちょっとした積み重ねからはじまることなので皆さんも諦めずにコツコツやりましょう。

その月に何を使いすぎてしまったのか、その分何を抑えれば良いのかなど把握することも大切です。今では、携帯アプリで「家計簿アプリ」などもあるのでそちらを活用するのも良いですね。

日々節約のことばかりを考えすぎてしまうと、生活が何も楽しくなくなってしまいます。毎日を充実させるには、適度のリフレッシュと無理のない節約です。

たまには自分にご褒美をあげて、また新たに節約をコツコツ頑張って行こうと思えるような良いモチベーションで入れると良いですね。無理なく節約と貯金をしていき、これからくる新しい未来を楽しく迎えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です