一人暮らしにかかる費用はどれくらい?家賃の○ヶ月分貯めておけば安心!

憧れの一人暮らしをいざ視野に入れて考えてみると、新生活での家賃や光熱費などの出費はもちろんですが、引っ越す前にかかる費用もどのくらいだろうと目安の金額でもわかっておきたいところですよね。

計画的に一人暮らしをするためにも、前もっていくら貯めておけば安心なのかわかることで心置きなく一人暮らしがスタートできると思います。

今回は、一人暮らしにあたり「家賃の○ヶ月分」貯めておけばまず安心なのかをご紹介していきたいと思います!

一人暮らしを始めるにはいくらかかる?

一人暮らしをしたいと思っていてもなかなか行動に移せないのが本音かもしれません。実際にかかる費用や何にどのくらいお金がかかるのかなどわからないことだらけですよね。でも想定がある程度できれば一人暮らしも現実的に考えられるかもしれませんよ?

賃貸会社に払う費用

一人暮らしを始めるにあたって一番費用としてかかるのが「賃貸会社に支払う費用」かと思います。暮らし始めて毎月家賃のみを収めるだけでは大家さんはお家を貸してはくれません。なお、費用に関してはその物件などにもよって変わってくるので目安を紹介させていただきます。

敷金・礼金・仲介手数料

敷金・礼金に関しては、物件によって何ヶ月分も支払う必要のあるものから必要のない物件まで様々あります。敷金とは家を出る際に基本的には戻ってきます。そして礼金は大家さんに家を貸してくれたお礼のお金となりますので敷金のように戻ってはきません。

また仲介手数料とは、契約完了時に家探しを手伝ってくれた不動産会社に支払うお金になります。仲介手数料は家賃の1ヶ月(別途消費税)が上限として定められているので1ヶ月分以上を上回ることは決してありませんので安心してくださいね。

前家賃とその他の費用

物件によっては家賃の支払い方法が前払いのところがあります。その際は入居日からの家賃を前もって支払う必要があります。万が一、月の途中から入居を始める場合は日割りで家賃を支払うことになるかと思います。

そ他にも住宅保険や鍵交換の費用などかかる費用はたくさんあります。最近では保証会社に加入をしないと貸してくれない物件が増えてきているので、上記に記載した前家賃と合わせて考えると敷金礼金意外に約3ヶ月分の費用は考えておくべきと言えます。

新生活の準備にかかる費用

新生活を始めるとなると、新しい家具や家電など揃えるものがたくさんありますよね。ここでは最低限必要である家具家電のおおよその値段などをご紹介させていただきますね。

キッチンまわり

キッチンまわりで欠かせないものは冷蔵庫かと思います。大きいものから様々な機能がついたものまでたくさん家電量販店にはあります。一人暮らしなので小さめの冷蔵庫が幅もあまり取らず最適かと思います。おおよそ3〜7万円程度。

また電子レンジも一人暮らしには役立つアイテムですよね!たくさんの会社から電子レンジは発売されていますがそこまで値段の変動はないかと思います。そして他の家具家電に比べて比較的安く手に入ります。おおよそ1〜3万円程度。

お風呂まわり

お風呂まわりといえば洗濯機でしょう。洗濯機にも縦型と呼ばれるものとドラム型と呼ばれる二つがあります。一回に量を多く、そして汚れも落としたのであれば縦型がおすすめです。洗濯から乾燥までを一通り行いたい方はドラム型が最適でしょう。おおよそ3〜10万円程度。

その他(ベッド・テレビ…etc)

人間にとって一番重要なのは睡眠です。ベットタイプと布団タイプの2種類がありますが、これは人それぞれ好みがありますよね。部屋の広さとよく検討して購入することをおすすめします。ベットよりも布団のほうが安くすみますよ!おおよそ1〜5万円程度。

そしてテレビまたはパソコン!最近は薄型テレビなど出てきていますが、テレビを買うというよりはパソコンを購入してしまう人が多いですよね。パソコンは現代社会において必要不可欠になってきますし、あまりテレビを見ない人はパソコンを優先的に購入することをお勧めします!

最後に防犯面や保温面を考えた部屋のカーテンですよね。しっかりと事前に採寸して購入しないと丈が足りないなどお金の無駄になってしまうので要注意ですよ!おおよそ数千円〜数万円程度。

引っ越し業者にかかる費用

一般的な引っ越し費用の相場は約3万円程度となります。ですが引っ越し業者にも繁忙期というものがあり、進学や就職のシーズンにかぶる時季は費用が高くなるみたいなのでなるべく避けて引っ越しを考えたいですね。

また引っ越しの際にダンボールの数や家具の量によって金額も上がってくるので、なるべく荷物は最小限にまとめたいところなので思い切って断捨離するべきです!

さらに引っ越しする家までの距離や部屋の階数などにもよって金額は変動してくるので頭に入れておきましょう。

一人で生活していくにはいくらかかる?

ここまでは引っ越しの際にかかってくる費用などのご紹介をしてきましたが、実際に一人暮らしした際にかかってくる生活費も知りたいですよね?

食事にかかるお金

まずは食費についてです。人間は毎日三食食べないといけません。その中で毎日外食していたり、好きなものばかり食べていたら食費がかさむ一方ですよね?食費の平均は1ヶ月の給料の15%が理想と言われています。給料が20万円の場合は3万円前後に抑えるのが理想!

そこで食費をうまく抑えるコツは自炊に限ります。自分のできる範囲内で安い食材をスーパーで買い、作り置きなどもできますよね?そうしたら作り置き分お金が浮きますよね?なお、安売りしている食材などもあるのでそれを冷凍保存しておけばいつでも使えちゃいます!

食費に関しては自分自身で頑張って抑えることができます。食べたいときは好きなものを食べるのもアリだと思いますが、時には我慢も生活していく上で必要になってきます。

生活にかかるお金

次に生活にかかるお金ですが上記で食費に関してご紹介したので、「水道光熱費」「通信費」「その他(衣類・日用品)」について紹介していきたいと思います。

おおよその目安になりますが、

・水道光熱費は約11,000円程度
・通信費は約10,000円程度
・その他(衣類・日用品)は約15,000円程度

となっております。

季節に応じて水道光熱費は変動しますし、日用品なども欠かせないですよね。そこで抑えられると言ったら通信費!最近は格安携帯やSIMフリーにすることで安く抑えられるので携帯プランの変更も考えてみてもいいのではないでしょうか。

無理のない貯金方法

ここまで記述してきて実家よりもはるかにお金のかかる一人暮らし。そんな中貯金をするなんて難しい!と思っている方もいらっしゃると思います。ここでは無理のない範囲で貯金できる方法をご紹介させていただければと思いますので要チェックですよ!

まず目標としておきたい貯金額は生活費の約3ヶ月分となります。貯金の成功に繋がるのは初めから貯金する金額を給料から差し引くことです。ついつい生活して余ったら貯金しようとするとその分何かに使ってしまうからです。

また先ほどもお伝えしましたがdocomoやauやSoftBankなど大手の会社の携帯を使用している人はSIMフリーにすることで大幅に携帯代を節約できますよ!最大で半額以下まで節約できるのでぜひおすすめしたいですね。

家賃の約5ヶ月分貯めておけば安心!

最後に初期費用や新生活を始めて最初の生活費など諸々含め家賃の約5ヶ月分貯めておけば安心と記載しましたが、物件や初期費用・引っ越し業者の条件によっても変動はしてきますので目安としてお考えくださいね。

なお出来るのであれば引っ越しをする前に出来るだけ貯金をしておくことをおすすめします。そのほうがより今後の生活が切羽詰まることもないかと思います。簡単に貯金といっても難しいものなので本当に自分のできる範囲で無理なく行いましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です