一人暮らしのベッド選びのポイントは?ポイントを抑えて自分の思い通りに!

1人暮らしのお部屋は大概狭いものがほとんどではありますが、できれば布団ではなくベッドを置きたいという人も多いと思います。

では、1人暮らしのベッドはどのようなものを選んであげたら良いのでしょうか?

ここからは、ベッドを置くことに憧れる人も、もちろんそうでない人も1人暮らしのベッド選びについて一緒に考えていきましょう

一人暮らしのベッドを選ぶ際の手順

1人暮らしのベッドを選ぶうえでは、手順をしっかりと踏んで準備をすれば、きっと理想のベッドに巡り合えるはずです。

①どんなベッドが欲しいかイメージする


まずは、どんなベッドが欲しいのかイメージを膨らませてください。

ただ、ベッドと言ってもベッドフレームだけをとっても大変種類は多いので、事前にインテリアショップのECサイトなどでいくつか目星をつけておくと良いでしょう。

また、素材だけで見ても、木製、パイプ製、すのこ、畳などがありますし、他にも収納スペースを持つものや折りたためるもの、ソファベッドなど機能面で見ても多くの種類があることがわかります。

素材が違うだけで見た目の雰囲気はガラリと変わりますし、あなたがベッドにどこまでの機能を求めるかでも選ぶべきものは変わるはずです。

②寸法を測る


次に、寸法を測ります。測る場所は、ベッドを置く場所だけではありません。折角ベッドを購入しても、部屋の中に入らなけなば意味がありませんよね。

ベッドを置く部屋の入口部屋の廊下ならびに玄関の寸法もきちんと図っておくようにしましょう

又、マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいならば、エレベーター共有廊下階段の幅も分かると後々搬入するときに便利です。

③お店で購入しよう!


そして、ようやくベッドを購入します。最初のステップでイメージしたもの、そして事前に測った寸法を参考に選びましょう。

ベッドもインターネットで簡単に購入できるようになりましたが、ネットの画像だけでは色味や素材感など分からないことも多いので、実物商品を見てから購入することを強くお勧めします

又、実店舗であれば在庫の有無、最短の配送日、配送料、組み立てサービスの有無なども予め調べておくと良いでしょう。

特に、ベッドの組み立ては大きいためかなり大変です。組み立てが得意であればともかく、苦手であれば業者に組み立ててもらえるかどうかも重要と言えます。

一人暮らしのベッドをお洒落に見せたい人のポイント!

1Kや1Rの部屋に住んでいる方がほとんどかと思います。この場合、ベッドの存在は専有面積も広く、インテリアとしてもかなり重要な役割を果たすでしょう。

そうであれば、少しでもベッドをオシャレに見せたいという方も多いのではないでしょうか?ここからは、ベッドをオシャレに見せるコツをいくつかご紹介していきたいと思います。

ベッドの色を他の家具と合わせる

まず、部屋のベッドをオシャレに見せるためには、ベッドの色を他のインテリアの色と合わせることが重要です。

もし、インテリアとベッドの色を合わせるうえで難しさを感じるようであれば、雑誌やお店の画像などを参考にしてみましょう。

またインテリアショップのディスプレイでは、ベッドだけでなく、部屋全体をイメージしたディスプレイもしていますので参考にしてみるのも良いかもしれません。

ベッドと家具だけなく、部屋全体を同系色でまとめてあげると、オシャレに見せることができます

照明を上手に使ってお洒落空間を演出

次に、照明を上手に活用してベッドをオシャレに見せる方法です。ベッドサイドに間接照明を置いてあげることで、柔らかな光がオシャレな空間を演出してくれます。

例えば、旅行先のホテルを思い浮かべてみましょう。ホテルのベッドの脇には間接照明が灯されていて、なんともオシャレな空間には感じませんでしょうか?これは、まさに間接照明の力ですね。

レイアウトも大事!

1人暮らしのベッドをオシャレに見せるには、レイアウトも大変重要と言えます。

日本の部屋は欧米に比べ小さいものが多いため、どうしてもベッドは隅に置かれがちですが、欧米では、ベッドを中央に置いてインテリアとして扱っていることが多いです。

思いきってこの大きなベッドを部屋の中央に置いてみたらいかがでしょうか?部屋の中央に置くだけで、存在感も増し、一気にオシャレな空間を演出することができるでしょう。

ベッドは快眠できてなんぼ!

さて、ベッドをオシャレに見せることも大切なことですが、そもそもベッドは寝るための場所です。ですから、熟睡できなければ意味がありません。

特に、1人暮らしであれば熟睡できるかどうかで翌日の仕事や学業に大きな影響をもたらすでしょう。

では、快眠できるベッドにするためにはどのようなマットレスや枕を選べばよいのでしょうか?あなたの眠りを快眠に導くマットレスと枕選びのポイントをお教えしていきます。

マッドレス選びは慎重に!

素敵なベッドフレームを買うことができても、熟睡できなければ全く意味がありません。この熟睡に関連しているのが、あなたの寝姿勢を支えるマットレスです。

ゆえにマットレスもオシャレである必要はなく、選ぶ際は体型や寝姿勢に合っていることが大切になります。

では、そういった機能性抜群のマットレスはどんな物があるのでしょうか?機能性抜群のマットレスを、種類ごとに紹介していくので、ご自身にピッタリのマットレスを是非店頭で見つける際の参考になさってください。

高反発マットレス

ウレタン素材が多く、硬さは中くらいからやや硬めで、特に腰や背中に負担をかけたくない人におすすめです。価格は、シングルサイズで25000円からあります。

低反発マットレス

ウレタン素材が多く、硬さはやや柔らかめのマットレスです。体型にフィットして沈み込む特徴があり、価格はシングルサイズで15000円からあります。

ポケットコイルマットレス

バネが入っていて、硬さは中くらいのマットレスです。点で支え、揺れが少ない特徴を持ちます。

ボンネルコイルマットレス

バネが入っていて、硬さは中くらいのマットレスです。前者と異なり、面で支える性質から特に体重が重い方に向きます。

枕選びもとっても重要!

熟睡、快眠にはあなたの寝姿勢を支えるマットレスが大変重要だとご理解いただけたと思いますが、実はマットレスだけでなく枕によっても睡眠の質は左右されるのです。

ここからは、枕と睡眠の質の因果関係について触れたのち、枕選びのポイントをお教えしていこうと思います。

枕と睡眠の質の因果関係

赤ちゃんを想像してもらえば分かりやすいかと思いますが、人間の頭はとても重いです。寝姿勢は、その重い頭を唯一休められる時間とも言えます。

自分に合っていない枕を使用していると、首に負荷がかかり続け、結果的に熟睡できません。つまり、自分に合う枕を使用することで良質な眠りを手に入れることができるというわけです。

枕を選ぶ時のポイント

ピッタリの枕を見つけるためには、高さ、大きさ、硬さに注目します。高さに関しては、低すぎると心臓に負担がかかってしうので注意が必要です。

最低限、寝返りが打てる大きさで、頭が沈み込み過ぎない適度な硬さが必要と言えるでしょう。

体系によってベストなサイズを選ぼう!

ベッド選びではあなたの体型、体格に合ったベストなサイズを選ぶことも大切です。サイズは最も小さいものでセミシングル(ショートと呼ばれることも)、大きなものでキングサイズまであります。

1人暮らしであれば、小柄な女性ならばセミシングル、もしくはシングルサイズが一般的でしょう。

ベッドは自分に合ったものを選んで生活を豊かに!

1人暮らしのベッド選びでは、ベッド周りのアクセサリーの選び方やレイアウトにも気を配ることでオシャレ空間を演出できることが分かりました。

しかし、私たちは人生の1/3をベッドで過ごすといわれるため、オシャレである以上に快眠できるベッドであることが重要です

枕にしろマットレスにしろ体格にあっていることが睡眠の質を向上させるうえで大切といわれているので、是非自分にピッタリのベッドを見つけて、良い眠りを手に入れてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です