一人暮らし、いつから始める?一番良いタイミングと、注意したいこと

新生活の象徴として、誰もが一度は憧れる一人暮らし。しかし始めるタイミングをつかみ損ねている人が多いのではないでしょうか?

この記事では、一人暮らしを始めることができるタイミングをいくつか紹介していきます。一人暮らしをしたい!と考えている人はぜひ参考にしてみてください。

①高校入学時

一人暮らしを始めるタイミングとして、一番早い時期だとされるのが高校入学の時なのではないでしょうか。まずは高校生の一人暮らしについて考えてみましょう。

高校生が一人暮らしをするメリット

社会人になる前から親元を離れることで、精神的に自立することができます。そのため、周りの同級生よりも一足早く金銭感覚が身に付いたり、家事のノウハウを会得することができるでしょう。

また高校生で一人暮らしをしている人は比較的少ないため、人とは違った高校生活を送れること間違いなし。毎日の暮らしが特別な経験になるはずです。

高校生が一人暮らしをするデメリット

しかし、一番のデメリットは時間やお金に余裕が持てなくなること。家事はすべて自分で行い、必要であればアルバイトをしてお金を稼がなくてはなりません。

そのため本来一番大切にしなくてはいけない学業や、友人との付き合いがおろそかになってしまいがちです。場合によっては部活動に励む時間や、学校行事に参加する余裕もなくなってしまうかもしれません。

せっかくの高校生活を無駄にしないためにも、高校生で一人暮らしを始めるのは避けるべきでしょう。

②大学、専門学校入学時

続いてやってくるのが、大学や専門学校へ入学する時期です。高校を卒業してから一人暮らしを始める、という人は多いはず。学生の一人暮らしについて、メリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

大学生が一人暮らしをするメリット

一人暮らしのための物件を選ぶ際、ほとんどの人が大学のそばを選ぶでしょう。そうすると通学時間がぐっと短縮できるため、空いた時間で勉学はもちろん、サークル活動などにも力を入れることができます。

また、社会人になる前に一人暮らしの練習ができると捉えることもできるでしょう。就職後も難なく生活できる能力を、学生のうちに身に付けられます。

さらに友達を呼んでホームパーティーを開いたり、お泊り会の会場を提供することもできるため、一人暮らしをすると大学でできた友達との友情を深めるチャンスを作ることもできるのです。

大学生が一人暮らしをするデメリット

まず第一に、一人暮らしをするのにはお金がかかります。実家で暮らす人と比べると、家賃や光熱費など払わなければならないお金が多いからです。そのため親に仕送りを頼んだり、足りない分は自分で稼いだりしなくてはなりません。

そして一人で住んでいると、ないがしろにしてしまいがちなのが健康管理です。つい食事をインスタントラーメンなどといった簡単なもので済ませてしまったり、外に出歩かなかったりなどしてしまいます。それによって体を壊してしまう人も少なくありません。

もちろん早寝早起きを促す人はいませんから、寝不足による体調不良にも気を付けなければならないでしょう。際限なくゲームやスマホなどを触ることができて、気が付いたら朝になっている、なんていう人は特に要注意ですね。

大学生の一人暮らしにも、良い部分や悪い部分があります。そのどちらの部分もきちんと知った上で、一人暮らしをするかしないかを決めた方が良いですね。

③就職時

一人暮らしを始めるタイミングとして、一番最後にやってくるのが就職という節目でしょう。就職した職場の近くに住もうと、この時期に一人暮らしを始めるという人がたくさんいます。

家族から自立する上でもちょうど良いタイミングと言えるでしょう。しかしここでも、一人暮らしをする上でのメリットやデメリットを把握しておく必要があるのです。

社会人が一人暮らしをするメリット

就職すれば立派な社会人となるのですから、やはり自分の生活スタイルを貫きたいと考える人もいるのではないでしょうか。一人暮らしをすると、自分の生活は自分でコーディネートすることができます。つまり、一番のメリットは「自由」だということでしょう。

さらに、家族と一緒に住んでいたときには遠慮してしまい始められなかった趣味などを始める、最適な時期にもなり得ます。音楽や映画鑑賞など、一人の時だからこそできる趣味を始めてみるのも良いのかもしれませんね。

また家事のスキルを上げるためにも、一人暮らしの期間はピッタリだと言えるでしょう。これを機に、料理の腕を上げてみるのはいかがでしょうか。

社会人が一人暮らしをするデメリット

もちろん魅力的な面の多い一人暮らしですが、高校生や大学生の一人暮らしと同じようにデメリットも存在します。

例えば、病気になってしまったときに看病してくれる人がいないこと。風邪をひいて寝込んでしまっても、しなくてはいけない家事は自分でしなくてはいけません。さらに料理を作ってくれる人も病院へ連れて行ってくれる人もいないので、全部自分で行う必要があります。

また、お金の管理や時間の管理をすべて自分で行わなくてはいけないことも、デメリットと言えるでしょう。自己管理が苦手な人は、一人暮らしをする前にある程度の覚悟を持つことと、予備知識をたくわえる必要がありますね。

一人暮らしを始める時に気を付けたいこと

そこでこの記事では、一人暮らしをする前に最低限気を付けておかなければならないことをいくつかピックアップしました。

家賃について

一人暮らしをする中で一番大きな出費が家賃です。一般的には、家賃は「収入の3分の1」に抑えておくのが無難だと言われています。一人暮らしの場合は家賃のほかにも、食費や光熱費などといった出費がとにかく激しいためです。

また、家賃の他にも敷金や礼金など多くの出費がある上に、引っ越しの際に業者に依頼するなどしてさらに金額がかさんでしまいます。

もしあなたの荷物が多い場合には梱包するためのダンボールやその分のトラックを用意する必要があり、予想以上の料金がかかってしまうことも。

費用の見積もりをする際は少しだけ多めに見積もるのがポイントです!また、余分な荷物を増やさないように掃除・いらないものは処分しておきましょう。

貯金を考えている人や、趣味にお金を使いたい!と考えている人は、家賃を「収入の4分の1」くらいを目安に考えた方が良いでしょう。

立地条件について

部屋を借りる際には、その場所の立地条件にも注目しておくべきです。いくら駅から近い物件でも、付近にスーパーやコンビニ、病院などがあるのか無いのかによっていは、住みやすさは格段に違ってきます。

部屋について

また、部屋数についてもあくまで現実的なものであるべきでしょう。家賃を抑えるためにも、部屋は「ワンルーム」か「1K(1部屋とキッチン)」を選ぶのが吉です。

一人暮らしなのですから、それ以上の部屋数はあくまでオプション感覚で問題ありません。ワンルームでも十分に暮らせます。

ただし、物件によっては押入れがない、洗濯機を置くスペースがないなどといった落とし穴も存在するので、間取りは隅々まで確認するようにしてください。

契約手続きについて

一人暮らしに関わらず、引越しをする際には不動産会社と何個か契約を交わす必要があります。とてもややこしいものばかりで自分の中でしっかりと要点を抑えておかなくてはなりません。わからないところや気になる部分があれば必ず不動産会社と相談してください。

また、金額や条件については交渉を繰り返すことでいい方向に傾くことも考えられますので、そういったことに慣れている人が周りにいれば頼ってみてもいいでしょう。

入居審査などの手続きもあり、中々希望した引越し先が決まらないなんてこともあるでしょう。賃貸かマンションによっても審査の基準は少し変わってくるため、要チェックです!

「どうしてもその新居がいい」なんて場合に、入居審査を通らせる方法もありますが、入居審査に通らなかった場合というのは「あなたがこの家賃を払えるか心配だよ」などと言った親切な意味が含まれているため、よっぽどのことではない限り他の家に変更する必要があるでしょう。

また、保証人を設定しなければいけなかったりと引越し準備はとても大変なのです。保証人は誰にする、新居の絶対条件などは事前にリストアップしておきましょう。

一人暮らしに挑戦しよう

ここまでで紹介したように、一人暮らしには良い面もあれば悪い面もあります。必ずしも、一人暮らしをすれば生活が充実するとは限らないのです。

しかし一人暮らしというのは、自分の今後の人生を豊かにするチャンスにもなります。前準備を正しく行っていれば、新生活をより良いスタートダッシュで迎えられるはず

一人暮らしを始める最適な時期をしっかり見極めて、自分だけのライフスタイルをゲットしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です