一人暮らしのソファベッド選びのポイントは?狭い空間を快適に過ごすための秘訣とは

「わー!こんなの欲しい!」

大型家具店に行くとあんなソファ、こんなソファ……部屋に素敵なくつろぎスペースがあったらなーと夢を見たりします。

ソファひとつ置くだけで部屋の雰囲気はガラリと変わります……想像するだけでワクワクしてきますよね。

でも一人暮らしの部屋にソファのような大きい家具が占領すると、狭い部屋がますます狭くなってしまうのは目に見えています。それでも、どうしても欲しい!そんなあなたにぴったりなソファを探しましょう。

一人暮らしに向いてるの?ソファベッドの特徴

1Kやワンルームなどが多い一人暮らしの部屋にぴったりなソファはやっぱり、2つの用途を併せ持つソファベッドが便利です。狭い部屋だからとベッドの購入を諦めた人にも嬉しいソファベッドです。

しかし、ソファベッドをうまく利用するには、日頃から掃除や片付けがマメにできなければ意味がありません。普通のベッドのように布団を敷きっぱなしにしたり、ソファにありがちな脱いだ服を積み上げたままにしたりすると即座に機能停止となってしまいます。

でも逆に言えば、ソファとベッドを切り替えることによって昼夜のメリハリが付き、きちんと片付ける習慣ができるようになる可能性もあります。どちらになるかは、あなた次第ということになりますね。

ソファベッドのメリット・デメリット

ソファは家具の中でも比較的大きい部類に入り、一般家庭でもスペースに余裕がないとソファを置かない場合が多いのです。お店では小さめを選んだつもりでも、部屋にソファベッドを入れてみると、思った以上のボリューム感に驚かされます。

昼はソファとして夜はベッドとして便利な2wayのソファベッドですが、ソファとしてもベッドとしてもマイナスな面があります。そういったソファベッドの側面を検証していきたいと思います。

メリット

ソファとしての機能が充実しているので、部屋の真ん中に置いても十分な応接セットになります。オットマンのついたタイプだとレイアウトに変化を持たすことができ、更に小さなスペースでまとまります。

くつろぎたい時には何段階かあるリクライニング機能をつかって角度を調整でき、よりゆったりとリラックスすることができるでしょう。友達が泊まりにきた時に簡易ベッドとして重宝します。

デメリット

本来、ソファとしても使えるベッドとしてつくられたソファベッドなので、座ることも考えた硬めのクッションが主流となっています。そのため、寝心地はさほど良くはありませんので長期にわたる使用は睡眠の質に問題が出てきそうです

ベッドは確保できても、別に布団が必要ですので当然、掛け布団や毛布などを収納するスペースが必要になってきます。毎日の布団の片付けは結構大変で、それを怠ると部屋ごとだらしなくなってしまう欠点があります。

ソファベッド選びのポイント

ソファベッドといっても様々なタイプがあり値段もピンキリです。自分の生活にあったソファベッドの選び方は、部屋のサイズ、利便性・機能性、インテリアの趣味に合っているなど、自分が何を重視するかによって変わってきます。

部屋に収納が少ない

部屋に収納が少ない場合には、ソファベッドの下に収納のついたタイプを選ぶことをおすすめします。ソファに収納があれば、毛布やシーツ・薄手の掛け布団なら収納できるので、他に寝具置き場を用意する必要がありません。

ワンルームの部屋に

ワンルームの場合、玄関に入ったら何もかもが丸見えになってしまうのでちょっと恥ずかしい気分になります。そこにソファベッドをうまく間仕切りっぽく使えば、圧迫感のないままちょっとした区分けになり目隠しにもなります。

ソファベッドだと気づかれたくない

背もたれを倒すだけのタイプはどうしてもソファベッドだと分かりやすく、生活感が出て嫌だという人には二つに分かれるセパレートタイプや折り畳まれた座面を広げるコンパクトなタイプがおすすめです。

場所をとりたくない

部屋をソファベッドに占領されたくないと考えるなら、小振りなカウチソファはいかがでしょうか。ベッドとしては少し狭くて窮屈に感じますが、ソファが重すぎないので、一人でも簡単に移動ができます。

インテリア重視

高級感のある革張りのソファベッドは見た目にもおしゃれで、布張りと違ってほこりが立ちにくいようです。更に足付きタイプだとスッキリしたベンチ風で、掃除もしやすいので清潔を保つことができます。

機能重視

ソファがあるかベッドがあるかではなく、どちらもなくしてスッキリしたいという人にぴったりなのが折りたたみ式のソファベッドです。必要のない時には折り畳んで収納できるのでとても便利ですが、機能重視なのでオシャレ感には欠けてきます。

価格重視

高価なソファベッドを買っても、ソファとして座る位置がいつも同じだとその部分のクッションがヘタりやすくなります。一人暮らしは長くない場合や広い部屋に、引っ越す予定がある人は安価なソファベッドを選ぶのも良いかもしれません。

アレンジする

機能的に気に入っていても布張りの柄が気に入らないとか、マンネリ化してきたなんて時には、替えカバーをいくつか用意するといいですね。ゴム式で簡単にピッタリするものも多く出回っているので好きな色や柄にいつでも変えることができます。

ソファベッドはルームメイト

一人暮らしの部屋にソファベッドを置いたらきっと部屋の主役になるに違いありません。だからこそ慎重に選びたい家具ですね。自分がくつろぐため、来客に座ってもらうため、ベッドで寝るため……と毎日の生活の中で大活躍することも間違いないのです。

それでも女子の一人暮らしで、あまり大きいソファベッドは重くて移動も掃除も大変です。どんなポイントを重視するか、また妥協するかをよく考えて選びましょう。存在が大きいからルームメイト並みに、お気に入りのソファベッドが見つかるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です