一人暮らしするならWi-Fiは欠かせない!快適な暮らしに必要な知識全部教えます

これから一人暮らしを始める女性にとって「新生活でのネット環境をどうするか」というのは、重要な問題と言えるのではないでしょうか。

「スマホしか使わない」という人から「自宅へ仕事を持ち帰ってPCでバリバリ仕事するつもり」といった人まで、誰しも最適な環境を作りたいと思うでしょう。

最近ではWi-Fiによってネットに接続することがすっかりと定着した感がありますが、皆さんはWi-Fiのことを正しく理解しているでしょうか?

使い方によっては、スマホの月額料金をグンと下げることもできるため「なんとなく使っている」というのでは、損をしている可能性が考えられます。

今回は、そんなWi-Fiに関する知識を理解し、最適な使い方をレクチャーしましょう。

一人暮らしにWi-Fiを導入するメリット・デメリット

自身に最適なネット環境を作るのは、重要な問題です。今ではWi-Fi接続がすっかり主流になりましたが、まずはそのメリットとデメリットについて紹介しましょう。

Wi-Fiのメリット

まずは、Wi-Fiを導入することのメリットについて見ていきましょう。

通信制限を気にせずスマホを使える

大手キャリアのスマホを使用している人は、毎月の通信に使用できるデータ容量が契約で決められています。

そういった人のなかで動画などを良く見る方は、すぐに通信制限のかかる容量に到達してしまい、スムーズにネットが使えなくなるでしょう。

その場合、スマホをWi-Fiで使用することを前提にし、格安SIMに乗り換えてしまえば、大手キャリアが用意している大容量プランの月額使用料よりも安く利用できます

さまざなWi-Fi機器を接続できる

パソコンやタブレット、スマホといったものに限らず、今やプリンターなどの周辺機器からゲーム機器に至るまで、Wi-Fi機能を備えた商品がメインになっています。

ネット環境にWi-Fiを導入することは、それら最新機器をスマートに扱えるようになることを意味しています。

Wi-Fiのデメリット

続いて、Wi-Fiを導入することのデメリットについて見ていきましょう。

引越しの度にWi-Fi環境を整える必要がある

転勤の多い人のなかには、数年に一度のペースで引越しを繰り返す方もいるでしょう。そのたびにゼロからWi-Fi環境を整えるのは、面倒くさい作業と言えるかもしれません。

特に光回線でWi-Fiを使用するとなると、回線を引くために部屋に工事が入ることになります。それだけで費用がかかるので、手間だけでなく出費の面でも馬鹿にはできません。

モバイルルーターを用いたら…

モバイル式のルーターを用いてWi-Fiを使用すれば、環境を整えるわずらわしさがなく、工事の必要がないことから出費もありません。ただし、速度の面では光回線に劣ります。

また、使用できるエリアが限られていて、どこでも自由にWi-Fi接続ができるワケではありません。さらに、ルーターのバッテリー残量を常に気にしなくてはならないでしょう。

Wi-Fiの種類を知ろう

ひとことでWi-Fiといっても、その種類はいくつかに別れています。自身が求めるネット環境に合わせて最適なものを選ぶことが大切になるでしょう。

この項ではざっくりと、どのような種類があるのかについて解説します。

光回線(固定回線)にWi-Fiルーターを装着したもの

部屋に光回線を引き込み、その先端にWi-Fi機能を持つルーターを装着して使用する方法になります。自宅のネット回線をルーターで無線化(Wi-Fi化)してあげるワケですね。

この方式は、なんといっても安定度と速度に優れています。「自宅のネットは高速かつ安定した環境にしたい」という人向けといえるでしょう。

外出先でも使えるポケットWi-Fi

スマホと同じくらいのコンパクトなサイズをしたルーターのことです。持ち運びができるため、外出先でもWi-Fi接続ができるのが最大のポイントと言えるでしょう。

理屈としては、大手キャリアなどが整備している基地局から出た電波をWi-Fi化するする仕組みになっているため、光回線のような工事の必要がありません

さまざまなプロバイダが取り扱っていますが、通信制限を設けているプランを選んだ場合は「毎日動画を何時間も見る」といった使い方はできないことを覚えておきましょう。

工事不要のホームルーター

光回線を自室に引くとなると工事が必要になりますが、それを面倒だと感じる人には据え置き型のWi-Fiルーターがオススメです。

これも、仕組みとしては基地局からの電波を利用して接続するものなので、ポケットWi-Fiと同じ原理で稼働していると言えるでしょう。

ただし「据え置き型」ですから、持ち運ぶには大きいサイズなので、持ち歩くことはできません。外出先でWi-Fiを使用せず、なおかつ回線工事をしたくない人にオススメです。

入居前に賃貸物件のネット環境を調べておこう

最近ではWi-Fiを完備した物件もあるため、管理会社に一度聞いてみると良いでしょう。そのような物件に入居する場合は、契約書にWi-FiのIDやパスワードが記載されています。

機器を買い足す必要がないため、とても便利と言えるでしょう。また、光回線が引かれている物件に関しては、回線の末端を無線化するためのWi-Fiルーターが必要に。

次の項では、実際にどの回線を選べばよいのか、より具体的に解説したいと思います。

おすすめ回線その①:ドコモ光

ドコモは契約することによりdポイントの還元や工事無料費のキャンペーンを展開していますが、プロバイダのなかにはそれに加えて独自のキャンペーンを展開している会社もあります。

キャンペーンの内容で比較しよう

ドコモ光のプロバイダは全部で25社にも及びますが、そのなかで独自にキャッシュバックをしている会社が4社存在しています。

それらを比較したところ、どの会社も15,000円を還元してくれることに変わりはありません。そこで、重視すべきは「ルーターの違い」なのです。

4社のうち1社のルーターの性能がずば抜けている

「GMOとくとくBB」というプロバイダだけは、1300Mbpsのモデル2機種と、1733Mbpsのモデル1機種をラインアップしていて、高速通信を実現している点は見逃せません。

これは、次世代技術の「v6プラス」を採用しているためで、従来のPPPoE接続方式で速度遅延を起こしていた原因を解消すべく「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」という接続方式を採用。

同時に、面倒な設定は一切必要なく、つないでから30分待つだけで設定が完了してくれるのもうれしいポイントでしょう。

おすすめ回線その②:auひかり

auひかりはプロバイダと代理店ともに取り扱っている会社が非常に多いです。しかし、プロバイダ間で通信機器の性能差は一切ないため、単純に料金だけで選ぶと良いでしょう。

ただし、キャッシュバックや月額の割引など、各社で独自に導入しているため、どこが本当にお得なのかを比べるのが難しくなっています。

また、仮に還元される金額の大きさに魅力を感じたとしても、その条件としてオプション加入が必要とされるケースがあるなど、見極めるのが難しいのです。

一人暮らしに最適なプランで考えてみる

以上述べてきたことから「一人暮らしに必要なネット環境があれば良い」と割り切って、各社のプランを見比べるようにしましょう。

そうすると、まずは不要なオプション加入を要件としている会社を除外することができます。そして、各社の料金を一律で比較するために、一か月にかかる金額に換算してみました。

その結果「株式会社NEXT」という代理店がもっともお得であるという結果になりました。一か月あたりにかかる実質の金額は2,258円と非常に安くなっています。

キャッシュバックの大きさが魅力

同社では、マンション居住者に対してはキャッシュバックの金額が5,000円差し引かれることになっていますが、それでも「ネット+電話」のルーター付きで42,000円もの金額が得られます。

同じくマンション居住で、ネットのみの契約かつルーターを付けても35,000円返ってくるなど、大変お得になっているのです。

おすすめ回線その③:ソフトバンク光

ソフトバンクはプロバイダが「Yahoo!BB」一択になっている点が特徴です。そのため、数社ある代理店のキャンペーンを比較して、一番お得なところを通じて契約しましょう。

ただし、キャッシュバックが大きい代理店は、条件として「知り合い4人にソフトバンク光へと加入してもらうこと」「オプションへの加入」などが設けられているので注意しましょう。

現実的なプランを用意する代理店を選ぼう

一人暮らしの単身者にとっては、サッと加入して即座にお金を還元してもらえることが重要なポイントになるはずです。

そういった点から考慮すると「アウンカンパニー」という代理店が現実的な選択として最適な存在だといえるでしょう。

最短2か月でキャッシュバック

キャッシュバックにより得られる金額は35,000円になっていて、ルーター込みのプランにしても30,000円が還元されます。

また、振込時期は最短2か月と短い上に、申請は電話口で完了することも大きな魅力だと言えるでしょう。別途申し込みをする必要がないため、もらい忘れがありません。

モバイル回線のおすすめNo.1は?

モバイル回線は「インターネット・プロバイダ・Wi-Fi」がセットになっているため、何かと面倒な設定の手間を省くことができます。

また、モバイルの強みは「持ち運びができる」ということ。そのため、外出先での使用を想定した小型のWi-Fiルーターを選ぶことが大切になってきます。

コンパクトなものは各社用意しているのですが、そのなかでもオススメなのが「UQ WiMAX」のポケットWi-Fiでしょう。

UQ WiMAXの特長

データ容量としては7GBと無制限の2種類を用意していて、3日で10GBを超えると速度制限がかかり1Mbpsとなります。この辺りは他社と比べても同じ内容になっています。

月額料金で見ても7GBで3,696円、無制限で4,380円となっていて他社と同等なのですが、そこにキャッシュバックをプラスしているのは同社だけになります。

ルーターは最新機種を選ぼう

同社では数種類のルーターを用意していますが、最新機種の「W06」が断然オススメです。その理由は「通信速度の速さ・つながりやすさ・auのLTE網を利用した高速通信が可能」という3点が挙げられます。

一人暮らしに余裕を持たせるためにもベストな回線を選ぼう!

以上、Wi-Fiを導入することのメリットとデメリットを挙げ、どのような種類があるのかを説明した上で、オススメの回線を紹介してきました。

Wi-Fiは最新機器を充実させている人にとっても、スマホだけしか使わず月額料金さえ削りたいと考えている人にとっても導入によるメリットが大きいものです。

自身が一人暮らしをする上で、どのようなライフスタイルを描こうとも、活用すれば便利であることに間違いはないでしょう。

大切なことは、各プロバイダや代理店が用意しているプランをしっかりと吟味して、自身にあったものを選ぶことです。

そうすることにより、ストレスを感じずに心行くまでネットを利用することができるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です