一人暮らしの費用はどれくらいかかる?シャワーヘッドと光熱費の関係性とは!

初めての一人暮らしには、家賃・食費・光熱費と生活して行くための費用がとてもたくさん掛かりますよね。

その生活費を抑える事が出来たら…少しでも節約できたら…と考えることもたくさん出てくると思います。

そこで、生活費はいくらくらいかかるのか、またその費用を少しでも抑える方法があるのかをご紹介していきます。

必要な費用を知って、一人暮らしを楽しめる方法を考えていきましょう!!

一人暮らしの生活費はこんなにかかるの?

一人暮らしは、自由で楽しいですがその分出費もかなり増えていきますよね。生活をしていくのに必要な費用を見ていきましょう。

生活費の相場ってどれくらい?

一人暮らしで1ヶ月に必要な生活費は、その人のお金の使い方によって変わってきますが、平均的な費用をまとめました。

家賃

借りる部屋の広さでお金は変わってきますが、一人暮らしではだいたい1Kや1ルームに住んでいる人が大多数です。

平均の家賃は、都心部や駅から離れるほど安くなりますが、55,000円程度となっています。

食費

1ヶ月の食費は、外食も含めて平均で30,000円程度(1日に1.000円程度)になります。

外食に頼り切ってしまえば、もう少し費用が掛かってしましますし、上手に自炊をすれば、月に20.000円以内に抑える事も可能です。

水道代や光熱費

ガス代+電気代+水道代を合わせて、月10,000程度という方がほとんどですが、水道光熱費は努力次第で抑えられる費用なので、節約生活を心掛けてみましょう。

通信費

携帯代・インターネットのプロバイダ料金などを合わせて、月10,000円程度という方が多いようです。

外食などの交際費

調節が難しくて予期せぬお付き合いなどの出費が多いのが交際費です。時期などによって大きく出費が変わりますが、歓迎会や忘年会などの季節は増える傾向があります。

ある程度予備のお金を、いざという時のために貯えておきましょう。

女性の生活費平均は男性の1.2倍にも!

女性の収入は、一般的に男性と比べて少ない傾向にありますが、生活費が1.2倍掛かってしまします。

男性と比較して多いものは、服や美容といったおしゃれに関わる出費で、男性が合計11.100円使うのに対して女性は28.300円、約3倍のお金を使います。

食費の節約は自炊で変わる!

一人暮らしの生活費の中で、約1/3の割合をしめるのが生活費ですが、うまく節約出来れば生活費全体を抑えることができます

女性は男性に比べて、自炊で使う食品の購入額が多くなってしまいがちなので、買いすぎには注意しましょう。

一人暮らしベテランは節約上手!

一人暮らしを始めた頃は、まだ慣れずに生活費が多く掛かってしまいがちですが、何年も経って慣れてくると自炊する人の割合が増えてきます。

自炊スキルが上がると節約効果が大きくなって行くので、若いうちから自炊をするようにして、習慣づけていくとよいでしょう。

洋服・美容・娯楽などは年齢を重ねると興味が少なってくるという事もありますが、若い時にしか楽しめない事もあります。

無理して節約するよりは、メリハリをつけてお金を使うところ、抑えるところを考えることが、楽しい一人暮らしになるコツとなっていくでしょう。

生活費と貯金のバランス

一人暮らしでも、生活費を抑えて貯金できたら生活に余裕が出てきますよね?どうしたら節約できるか?実際に収入に応じた生活費の黄金比率を見ながら、貯蓄できる方法を考えましょう。

生活費の黄金比率!

一人暮らしの女性でも様々ですが、家賃は収入の約3分の1ほどなので、基本的にこの比率は収入によってあまり変わりません。

ですが、収入が少なくなるほど、同じ比率でも家賃が高くなってしまうので、考えてアパートなどを借りましょう。

次に同じ比率なのが、自分を綺麗にするための身だしなみ費が収入全体の10%となっています。どの収入帯でも、自分を綺麗にする投資はケチらず、負担可能な範囲でオシャレを楽しみましょう。

光熱費も、収入に関わらず5〜7%の割合で使っていますが、収入が少ない方は負担額も多くなって行きます。

意外と気付かなかった生活費を抑えるポイント!

どうしても必要な生活費を除いて、抑えられる費用は何があるのでしょう。抑えられるポイントを覚えて、賢く節約できるポイントをご紹介していきます。

シャワーヘッドを変えるだけで光熱費が変わる?

生活をしていくには不可欠な光熱費ですが、ちょっとした工夫でも光熱費を抑えることができます。例えば、シャワーヘッドを節水の物に交換することによって、30〜50%ほどの使用量に抑えられます

そのほかにも、洗面器にお水をためて洗うようにすることで、水道代を抑には効果的です。食器を洗面器つけておくことで、食器についた汚れも落ちやすくなるので、温水を出すためのガス代や洗剤に節約にもなります。

常備すれば食費が抑えられるものがある!

常備していれば、いざという時役に立つ食材・長持ちする食材は、買っておけば食費が抑えられます。

常温で日持ちする物

玉ねぎは常温で長持ちし、一個の値段も安くてどんな料理にも使えてしまいます!ジャガイモも常温で長持ちする野菜なので、安い時にまとめ買いをしておきましょう。

キャベツなどの葉物野菜は、包丁を入れすに一枚ずつ使うと、とても長持ちする野菜なので、安ければ1玉買っておきましょう。

栄養価が高い食べ物

卵は栄養価が高いので、栄養不足になる節約生活の一番の味方になってくれます。納豆は発酵食品で、栄養価が高くヘルシーで、体にとてもよく手軽に食べられ、値段も3パック100円以下で売られていることが多いです。

日持ちはしないけど安い食材

豚肉のバラやロースは、100g200円の値段なので少し高いですが、こま肉は100gで100円切る事もあります。

豚こま肉は日持ちしないので、100gずつ小分けにしてサランラップに包んで保存すると長持ちします。

うどんは大体20円以下で売っていて、ご飯1膳より安く買えますが、日持ちしない食材なので、買ったらそのまま全部冷凍保存しましょう。

通信費が抑えられるってほんと?

一人暮らしをすると、光熱費よりもスマホやインターネット回避の通信費の方が、高く掛かってしまうことがあります。

通信費を今よりも下げられるプランをいくつかご紹介しますので、節約のコツを掴んでくださいね。

通信費の支出を把握する

まず毎月の通信費(ネット回線とスマホ代)をいくら払っているかを知ることが大事です。

契約内容と明細をチェックして、どのプランを使っていてオプションは何に入っているかなどの、料金の内訳を知ることがとても重要です。

簡単に節約できる方法から始める

一番簡単に出来ることは、契約した時強制的に加入した、使ってないオプションを解除することです。

今使っているインターネット回線や、スマホのサービス自体の料金自体が高い場合は、思い切ってサービスを乗り換える事も、効果的な節約方法になります。

生活費を抑えて安定した生活を送ろう!

一人暮らしの、生活費の相場や節約方法、あると便利なものをお話ししましたがいかがでしたか?

それほど難しいものばかりではないので、コツさえつかんでしまえばこの地道な方法でも、5年後10年後の生活が大きく変わってきます。

まずは簡単な節約方法を、安定した一人暮らしが送れるようように、今日から実践してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です