女の一人暮らしは危険がいっぱい!?気を付けるポイントとオススメ防犯アイテム

一人暮らしは、自分の好きなように可愛いくオシャレに部屋をレイアウトしたり、気軽に友達に遊びに来てもらったりと、想像するだけでもワクワクしますよね!

ですが女性の場合の一人暮らしは、危険が多く潜んでいます。

不審者に住所を特定されて毎日のように後をつけられたり、干していたはずの下着が盗まれたりなど、注意しなければならない事がたくさんあります。

また、このような事は異性からと言う先入観を払拭し、同性からも有り得るという可能性があります。

とはいえ、貯金を貯めていいマンションを購入するそこで今回は気をつけるポイントを紹介していきます。

女の一人暮らしはまず物件選びが大事!

女性の一人暮らしは、物件選びがかなり重要で、間違った選択をすればその後の生活に支障をきたす可能性があります。住む場所の情報を入念に集めて、より良いものにしましょう。

一階の部屋は避けよう!

昔と比べて防犯対策が強化されてるとはいえ、まだまだストーカー被害や下着泥棒といった犯罪が後を絶ちません。住宅選びにも気を配ることで身を守れます。

一階は外からも中が見やすい、ベランダから侵入もされる危険性が高い、カーテンの色や種類から女性だと特定されやすい。このような事から女性は一階ではなく2階以上に住む事をお勧めします。

また、一番下の階は他の階と比べると少し値段が落ちますが、安さに惑わされずに値が張っても自分の身を守る為に1階は避けましょう。その他にも間取りなどに目を向けて、窓から部屋が見えるような作りを避けると犯罪を事前に防ぐこともできるはずです。

セキュリティー面がしっかりしているか確認!

女性の一人暮らしにとって一番重要視しなければならないのがセキュリティーです。大丈夫と過信しすぎて犯罪に巻き込まれる可能性があるので、物件選びは防犯対策がしっかりしているところにしましょう。

オートロック式、ディンプルキー、カードキーなどがついている物件がオススメです。

そして、3つに共通するのが鍵の複製がしにくい事です。古いタイプのディスクシリンダーだと簡単に合鍵を作られてしまうといったリスクもあるためこの3つを推奨します。家賃も多少は高くなってしまいますが安全性は抜群でしょう。

また、エントランスに管理人さんが常駐している物件なども防犯性が高いと言えます。不審者の侵入も防げ常に異変に気がつける人がいればトラブルに巻き込まれても助けが早いです。

住むところの治安や雰囲気も確認!

今までは身近に頼れる家族がいたが、一人暮らしとなれば自分一人で何とかしなければなりません。物件の内容で決めるのもいいですが周りの治安や雰囲気も下見しておく方がいいです。ストーカー被害を避ける為にも、街灯がしっかりある、人通りが多いなど事前にリサーチしておきましょう

また、詳しい事は地元の不動産に聞けば、治安や雰囲気など知っていると思うので詳しく聞くといいでしょう。

引越しの際にも知人の男性などを呼ぶなどしてあなたが「一人暮らし」なことを周りにわからないようにしましょう!

生活面で気を付けたいポイント

いくらセキュリティーがしっかりとしてたり2階だからと言って、安心して窓から中が見えたり女性だとバレてしまうような物を置いたりと非常に危険な事が起きてしまう可能性があります。

住んでいる家が賃貸かマンションによってもセキュリティの違いがあり、賃貸の場合セキュリティが甘いところが多いので、十分に用心してください。

特に、一人暮らしの場合はいざって言うときに自分でなんとかするしかありません。普段から私生活がだらしない人はもう一度見直しておきましょう。

家の外から見えるところに身元がわかるものは置かない!

2階でも見晴らしが良く外から目視出来るところだと、女性を匂わすような家具を置いていると特定されてしまう可能性が高いです。

カーテンなどをしていたとしても、ふとした瞬間に見えてしまうインテリアには気をつけましょう!

また、郵便ポストに個人情報が記載されている物をいつまでもいれておくと非常に危険で、もし荒らされた場合に名前や住所を特定される事になります。そして、ゴミ出しもそうです。自分の身元がわかるものは分からないように工夫しておくといいですね。

洗濯物は家の中に干そう!

女性の場合は外に干すと、住んでいるにおが女性だと特定されてしまうため、狙われてしまう危険性が高いです。どうしても外に干したい場合は男性の衣類も一緒に干すと防犯性が高まります

また、部屋干しのメリットは天気に左右されずに干す事ができる所です。今では、浴室乾燥機がついているところや、空気清浄機を使えばしっかり乾かすこともできます。このように、工夫して洗濯物を干す事で自分の身を守る事が出来るのでオススメします。

一人暮らしだと思わせないような工夫をする

特に1人暮らしの場合は、家を空ける事が多いのではないでしょうか。留守にする時は一工夫加えてみて下さい。

例えば、家に入るときは、「ただいま!」と一声出して入ってみたり、テレビや電気のONタイマーを設定して、居なくても時間になったら付くようになど、誰かと居る雰囲気を出してみて下さい。

複数人と生活している事を匂わせるだけでも防犯性は高まります。

また、SNSを使うなら、一人暮らしとわかる写真はあげない、アップする写真は友達がきている時の写真しかあげないといった工夫を加えるといいです。

これがあると安心!備えておきたい防犯グッズ!

今まで何も変哲も無い日常に急に不審者に襲われたり、ストーカー被害にあったりします。何が起こるかわからない世の中万が一の事を備えて防犯グッズを持っておくことは心強いです。自分の命はお金に変えられませんからね。自分自身守れるように防犯対策を向上させましょう!

また、防犯グッズを持つだけで常に防犯意識も高まり、心構えも変わってきます。自分には無いだろうと高を括らずに、夜道や被害が合いそうなところは特に注意を払うようにしましょう。

こういったものは、収納スペースに入れずにすぐに取り出せるような位置に置いておきましょう。最近ではおしゃれなデザインのものも多く、部屋にナチュラルに馴染むはずです。使う方法も簡単ですので、チェックです!

光ったり音がなるものはとっても効果的!

音や光があれば少し離れていても誰か来たのかなとすぐ対応できます。女子の力でも犯罪者を撃退することが出来るでしょう。どのようなものがあるのかいくつか紹介していきます。

【防犯ブザー】

よく小学生の頃持たされていたんじゃないでしょうか、いざ不審者やストーカーなどにつけられていて恐怖を感じた時って声が出なくなるんですね。その代わりに防犯ブザーを鳴らし大きな音を立てる事で周りに知らせる事ができます。

【センサーライト】

人が近づいた時にセンサーが反応してライトが光る仕組みになっています。オススメは乾電池式またはソーラーパネル式がいいと思います。

【防犯アラーム】

窓やドアにつけ衝撃や開閉または人感センサーなどあり遠くにいても音で知らせてくれるため迅速な対応がとれます。

100均でも買えるおすすめ防犯グッズ

100均だからと言って侮ってはいけません。安い上に使える防犯グッズがたくさんあります。

【ガラス用防犯フィルム】

1階または2階の低階層に住まわれてる方は窓ガラスの侵入が多いです。特に1階の方は殆どが窓ガラスからではないでしょうか。そこでガラス用防犯フィルムを貼ることによりガラス破りを防げる上に犯人を諦めさせる事も可能でしょう。

【ダミー防犯カメラ】

実際、本物かダミーかは見ただけでは判断つかないです。玄関や窓などの侵入口に防犯カメラを設置することによりより一層防犯性が向上します。

【窓Wロック】

仮に窓ガラスが割られ鍵を開けられてももう一つ予備でつけとく事により侵入を防げます。取り付けなども簡単に出来るのでおススメです。

ポイントを抑えれば女の一人暮らしにも安心

今では、昔と比べて防犯性能が優れています。管理人在住オートロック付きの物件や女性専用の物件など探せば多数あるはずです。自由で楽しい暮らしを望むのであれば、まず安全性を第一に考えましょう。

また、どこに行ってもそうですが、女性の場合は男性と比べて危険を感じる事が多くあると思います。それがいつ起こるか分からないからこそ常に防犯対策と常に狙われている可能性があると自覚するようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です