女性が初めて一人暮らしをするときの注意点!部屋選びのポイントと必要なものをピックアップ

初めての一人暮らしは、ワクワクする反面不安な気持ちもあるという方がほとんどだと思います。特に女性の一人暮らしは、犯罪に巻き込まれる可能性があるため注意が必要です。

女性が安全で快適な一人暮らしを始めるためには、物件選び~引っ越しまでの情報をどれだけ知っているかが鍵になります。

女性が初めて一人暮らしをするときに役立つ情報を集めて、快適な一人暮らしをスタートしましょう。

女性の一人暮らしは安全安心な物件選びが重要!

女性が一人暮らしをするときに一番重要なのが、安全に安心して暮らせるかどうかです。女性の一人暮らしに、心配しすぎということはありません。

自分の身を守るためにも、十分な安全対策をとりましょう。一人暮らしの物件を選ぶときには、次のことに注意して選ぶことが大切です。

物件のセキュリティ対策はしっかりしているか

自宅ではリラックスして無防備な状態になるため、セキュリティのしっかりした物件を選びましょう。

オートロック、カメラ付きインターホンが設備されている物件、出入口に監視カメラが設置されている物件、管理人が滞在している物件だと、不審者の侵入を防ぐのに役立ちます。

窓から侵入されるケースも増えているため、1階は避けて2階以上にしましょう。ベランダによじ登れる足場がないかの確認も大切です。

最寄駅から物件までのルートは安全か

女性は帰宅途中に犯罪に巻き込まれる心配があるため、最寄駅からのルートが安全かどうかも重視しましょう。できるだけ短時間で最寄駅に移動できる物件がおすすめです。

昼間と夜間では雰囲気が変わるため、昼間だけでなく夜間も歩いて、人通りの少ないところや暗がりがないか確認しましょう。

途中に交番やコンビニがあると、いざというときに助けを求めることができます。繁華街は避け、治安のよいところを選ぶようにしましょう。

初めての一人暮らしを快適に過ごす3つのポイント

快適な一人暮らしをするには、室内をどれだけ居心地よく整えられるかにかかっています。一人暮らしをより充実させるために必要なのは、次の3つのポイントです。

キッチンの広さやコンロの数をチェック

自炊をする方にとってキッチンの設備は重要です。一人暮らし用の物件はキッチンが狭く、コンロが1つしかない物件も多いため注意しましょう。

コンロが一つだと、汁物と惣菜を同時に作ることができず調理に時間がかかってしまいます。自炊をしたい方には、コンロが2つある物件がおすすめです。

冷蔵庫、オーブンレンジ、炊飯器などの家電、食器や調理道具などを置いたうえで、調理スペースがきちんと確保できるキッチンを選びましょう。

日当たりにや窓の位置をチェック

安全のためにも、外から室内が見えない位置にある窓の物件を選びましょう。日当たりがいいことも重要です。

女性の一人暮らしは、洗濯物を外に干さないことが基本です外に洗濯物を干すと、女性の一人暮らしがバレて犯罪者に狙われやすくなってしまいます。

室内干しの洗濯物を早く乾かすには、日当たりのいい部屋がおすすめです。カビを防ぎ、電気代、暖房代の節約にも役立ちます。

近くにスーパーやドラッグストアがあるかチェック

スーパー、ドラッグストアは生活必需品が揃っているため、近くにあると重宝します。さらに帰宅途中に寄れると便利なので、営業時間を確認しましょう。

宅配をしてくれるスーパー、ドラッグストアだと、体調不良で自宅を出られないときに助かります。

女性の一人暮らしに必要なもの

女性の一人暮らしには、数多くのものが必要です。

生活に絶対欠かせない水道・ガスなどのインフラ。ないと不便な家電。安全と健康を守るために必要な家具などは、あらかじめ準備しておかないといけません。

スムーズに一人暮らしを始めるためにも、一人暮らしに必要な費用、引っ越し当日に最低限必要なものをチェックしておきましょう。

一人暮らしに必要な家具・家電の選び方

家具・家電は引っ越し当日から必要になるものを除き、徐々に増やしていくとよいでしょう。実際に生活してみると、何が必要なのかが分かります。

家電・家具を選ぶときには、サイズに注意しましょう。部屋に置くスペースを確保できるもの、自分に使いやすいサイズのものを選ぶと失敗しません。

一人暮らしは他に頼る相手がいないため、自分だけで管理できるものを選ぶことも大切です。

一人暮らしに必要な費用とは

一人暮らしを始めるには、家賃以外にもいろいろな費用が必要です。一人暮らしを始めてから困らないためにも、あらかじめチェックしておきましょう。

初めての一人暮らしに必要な費用

物件によって違いがありますが、初期費用として敷金や礼金、管理費、前家賃や仲介手数料などが必要です。その他にも、保証金や鍵の交換代など、トータルで家賃の4〜5倍のお金が必要になります。

初めての一人暮らしでは家具家電を新しく揃えることが多いので、20万〜30万円をみておくとよいでしょう。

引っ越し代は荷物の量や移動距離、シーズンによって違いますが、4万〜5万円程度必要だといわれています。

関連記事|一人暮らしの初期費用を徹底調査!初期費用を抑えるコツも教えちゃいます

一人暮らしを始めてからかかる費用

最低限暮らしていくには、家賃、水道光熱費、食費が必要です。それに加えて、通信費や日用品費も準備しないといけません。

快適な一人暮らしをするには、交際費や娯楽費、衣服費なども欲しくなるでしょう。これらをトータルすると、毎月18万〜20万円の出費になってしまいます。

一人暮らしをするときには自分の収入に合わせた物件を選び、必要であれば節約をしてかかる費用を抑えましょう。

関連記事|女子の一人暮らし、毎月の出費は20万?!生活費を抑える節約術を紹介!

初めての引っ越し当日に最低限必要なもの

引っ越し当日に必要なものをピックアップします。

初めての一人暮らしでは、生活していくうちに必要なものがわかってきます。最初は最低限必要なものを用意して、これら以外は一人暮らしを始めてから徐々に増やしていくことで無駄な買い物をせずに済みます。

インフラ【電気・ガス・水道・インターネット】

電気・ガス・水道は生活していくうえで必要なので、引っ越し当日から使用できるように手続きをしておきましょう。

生活に必須となったインターネットも、引っ越しまでに設置しておくとよいでしょう。物件によっては、あらかじめ設備されているところもあります。

その場合、かかる費用や通信速度をチェックして、物件に設備されているものを使用するのか、新たに他のプロバイダと契約するのかを決めましょう。

家電【電子レンジ・冷蔵庫・照明】

安全のためカーテンを開けっ放しにできないので、照明は必須です。電球を交換する手間を省くためにも、長持ちするLED電球を選びましょう。

冷蔵庫も引っ越し当日から使用します。冷蔵庫は自分が使用するサイズに合わせて選びましょう。冷凍室が大きいと、冷凍食品や作り置きを保存することができて便利です。

引っ越してからしばらくはゆっくり自炊する時間がとれないため、購入したお弁当や冷凍食品をあたためるのに電子レンジが活躍します。

家具【ベッド・カーテン】

カーテンは必ず準備しておきましょう。ネイビー、ブラウンなど、女性の一人暮らしだとバレないようなカーテンを選ぶことが重要です。

レースのカーテンは透けないものを選びましょう。美容を気にする女性には、UVカット効果のあるものがおすすめです。

引っ越しの疲れをとるためには、安眠できるベッドなどの寝具が必要です。ベッドの位置が決まると、部屋の配置も決めやすくなります。

生活必需品

忘れられることの多いトイレットペーパーは必ず準備しましょう。引っ越し直後にはゴミが多く出るため、ゴミ袋は多めに必要です。

食事に必要となる食器や箸は洗うのが面倒なので、割りばし、紙コップ、紙皿など使い捨てできるものを数日分準備しておくと手間を省けます。

その他、洗面用具やお風呂セット、タオル類など、旅先で使用するものをイメージして準備するといいでしょう。

あると便利なもの

部屋を早く整えたいなら、カッター、ハサミ、軍手、ドライバー、メジャーなどの荷解き用の道具も準備しておくとよいでしょう。掃除道具もあると作業がはかどります。

引っ越し前後はバタバタして物が紛失しやすくなるため、貴重品専用のファイルやケースを準備して区別しておくとよいでしょう。

まとめ

女性の一人暮らしは、安全に安心して暮らせることが何よりも大切なので、セキュリティのしっかりとした物件、治安のいい環境を選びましょう。

最寄駅、スーパー、ドラッグストアが近くにある物件が理想的です。快適な室内を整えるためには、キッチンの設備、窓の位置にも考慮するといいでしょう。

気持ちよく一人暮らしをスタートするためにも、引っ越し当日に最低限必要なものは前もって準備しておいてください。

実際に暮らしてみると必要なもの、必要ないものが分かってくると思うので、徐々に家具や家電などを増やしていくと失敗が少なくてすみます。

安全で快適な部屋を手に入れて、初めての一人暮らしを楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です