あなたの一人暮らし、食費に使いすぎてない?明日からすぐに実践できる節約術!

人間にとって食事は大切なことですよね。毎食3食食べることが重要な中、食費ってすごく一人暮らしにおいてかかりませんか?どこまで切り詰めればいいんだろう、どうやったら切り詰められるんだろうなど悩んでしまいますよね。

節約料理ってどんなものがあるんだろう、どのサイトを見たら載ってるの?など疑問も多いはずです。一回節約術や節約料理を覚えてしまえばこれからずっと役立つものなので必見ですよ!それでは、今回は食費をどう抑えていくか、節約術も交えてご紹介させていただきます

食費にどれくらいかけてますか?

みなさんは食費にどれくらい毎月かけているか知っていますか?何気無くお腹が空いたからコンビニで菓子パンを買ったり、疲れたから夜ご飯はコンビニ弁当や外食でいいやと思って生活していませんか?

その何気無い行動で食費って結構かかるんですよ。そして学生や社会人でもやはり収入なども変動してきますがどちらも食費は大半を占めるものなんです。

社会人と大学生で比べた場合

それでは、大学生と社会人で食費の割合を比べてみましょう!平均として1ヶ月あたり大学生は約25,000円、社会人は約40,000円となっております。

なぜ社会人の方が高いかというと、仕事先での付き合いなどが増え自炊するよりも外で済ませてしまう人が多いからです。また社会人になるとお酒も飲めますのでご飯にアルコール代が入ると更に金額が増してしまいますよね。

その割に大学生はなんとか切り詰めようとして自炊をする人が多いようにみえます。趣味や好きなことに使うためにできる限り食費を削って生活をしているから社会人よりも断然低いのだと思います。

男性と女性で比べた場合

当然ですが男性と女性では食べる量が大幅に違います。そのため1ヶ月の食費にも大きく関わってきますよね。男性は約40,000円、女性は約30,000円が平均と言われています。

特に女性はお昼のランチにお金を使う傾向があり、男性は仕事終わりのご飯にお金を使う傾向があるかと思います。女性はランチの分夜自炊して、男性はお昼は適当に食べ夜はアルコールも交えたご飯に行く人が多いように感じます。

女性の場合、美容や健康に気を使ったりすることで、少しは月に使う金額を減らすことが出来るかも……?

一か月の食費は手取りの15%に抑えるのが理想

ここまで説明してきて結局は食費を1ヶ月どの程度で抑えた方がいいのかわからないですよね?理想の形としては1ヶ月の給料のうちの15%を食費として抑えられれば良いでしょう。もし手取りの給料が20万円の場合には、3万円前後が望ましいですね。

このぐらいに食費を抑えることで貯金や好きなことに費やせるお金が増えます。ですが無理をして食べないで食費を抑えるスタイルは絶対にしないようにしましょう!

食費を抑える為に明日から実践すべきこと

食費を15%に抑えようとはいうもののどうやって抑えるのが一番手っ取り早い?みなさんも知りたいですよね?できるだけわかりやすいように気をつけるポイントも踏まえてご紹介していきますね。

外食と自炊の月の予算を明確に決める

毎日毎日自炊だと飽きてしまったり、お友達や会社の付き合いもありますよね。そこで自炊が一番の方法ですが、月々自炊代と外食代を分けてみましょう!まずは半々でもいいいですが、理想は先ほど3万円が理想とお伝えしたので外食代は1万円前後だといいですよね。

そして毎月外食に行こうと決めつけるのではなく、今月は外食したから来月は控えようかなと自分の中でのセーブも必要となってきます。毎月外食に行っていたら食費がオーバーしちゃいますよね。

その月に応じて月々に使う食費を明確にしておくことが必要です!今月はご褒美のために外食しちゃおうなど気分転換にもなるのでぜひ無理のない範囲で実践してみてください!

スーパーは狙い目がある!

自炊をするにはスーパーに食材を買いにいかないといけないですよね。食品の買い物次第で食費も左右されると言っても過言ではありません。いつも作るものを決めてから食材を買っていませんか?スーパーにはお得に買える狙い目があるんですよ!

特売日は細かくチェック!

食費を抑えるには、やみくもに特売品だからと言って買うのはおすすめできません。色々チェックして本当に必要なものをピックアップし、特売品を狙うのがポイントです。

近所のスーパーを調べたり、チラシをもらってみると必ず何かしらの「特売のセール」がやっている日があるのでそれが狙い目です。その食品を利用して自炊をすれば通常の値段で買うよりも安く済みますよね。

最近は紙のチラシではなく、チラシアプリというのがあるのでいつでもどこでも特売品などが確認できます。こういったアプリなどを活用するのも一つの方法なので、要チェックですよ!

値下げシールが貼られるタイミング!

特売日をチェックしたら次は値下げ価格で食品を購入しましょう。スーパーでは時間ごとに値下げシールが貼られるタイミングがあるんです。これは特売品よりもおさえておかなくちゃいけません!特に重要なのは「半額シール」です。

生鮮食品やお惣菜には必ずといっていい程に毎日値引きシールが貼られてるのをみたことありますよね?これを狙って買い物をしに行くことが安く食費を抑えられるポイントです。だいたい夕方以降が多いので学校帰りや仕事帰りにいきましょう!

とはいえ、テンションが上りすぎて買いすぎるのだけは気をつけましょう!保存出来るものには限りがありますから、よく考えて購入しないと賞味期限が切れたり逆にお金がかかってしまいます。

近所にある安い店を把握する!

近所にある安い店を覚えておくことで、今月はどこの店に行こうかとか、今日の献立はこれだからあそこに行こうとか、決めることができます。

お店・商品の比較は絶対に大切なポイントになるので必ず徹底しましょう!あと、お店探しに様々な地域を歩くことで脂肪も燃焼されたりといいことづくしです!

また、これは余談ですが購入する際にお札をドサッと出さないようにしましょう。1万円札を大事に取っていたけど、使ってお金が崩れた途端にお財布の紐がゆるくなったなんて経験したことありませんか?

店に入る前にここではいくら使うとか、この食材はいくらのものを買うとか決めておきましょう。これによって最終的にあなたの生活は充実したものになるはずでず。

覚えておきたい美味しい節約料理

食材を買っても何を作ればいいか迷ってしまいます。自炊は毎日のことなので簡単に安く済む美味しいご飯が作れたら最高ですよね!ここでは一人暮らしさん必見の簡単に作れるレシピをご紹介させていただきます!

簡単豆腐たまご丼

画像引用:クックパッド

ついつい買い物に寄るのを忘れて家に豆腐と卵くらいしかない…となった時ありませんか?そういう時でも簡単に丼ものが作れちゃうんですよ!そして豆腐は普段スーパーでも安く売ってるのでいいですよね!

簡単肉じゃが

煮物の王道といえば「肉じゃが」じゃないでしょうか!でも色々調味料入れたり食材も多いし煮込むのも大変と思いがちな方いらっしゃると思います。ですが簡単にできちゃうんです!必要最低限の調味料と定番の食材でササッと作れちゃいます!

食費を抑えてあなたが自由に使えるお金を増やしましょう!

今回は食費の抑えるコツやポイント、そして簡単料理方法をご紹介してきました。今までスーパーで食材を吟味して購入した頃がない人もこれを機会に少し目線を変えてスーパーに買い物しにいってみましょう

みなさんも様々な視点から食費をなるべく減らし、自分の好きなことに使えるお金を増やして楽しく生活していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です