一人暮らしの生活で炊飯器はどんな物がいい?美味しいお米が食べたい人必見です!

一人暮らしを始めるにあたって、炊飯器は無くてはならない存在です。日本人であればお米が大好きですし、毎日パンや麺を食べていては飽きてしまいますよね。

ゆえに、一人暮らしの方にとっては非常に重要なパートナーと言えます。

しかしながら、既にご存知の方も居るかもしれませんが、今は炊飯器が無くてもご飯を炊こうと思えば簡単に炊くことができてしまいます。

では、そんな便利なものが増えているにもかかわらず、なぜ炊飯器は無くならないのでしょうか?

きっと炊飯器には需要があるからですよね?今回は、一人暮らしの方向けの炊飯器のご紹介と、素晴らしさをお伝えしていこうと思います。

一人暮らしに最適な炊飯器は?


さて、安価な物から高機能で10万円以上する物までたくさんの種類が出回っていますが、一人暮らしの方に最適な炊飯器はどういったものでしょうか?

それを知る為には、まず基本的な情報を知っておかなければいけないのではないでしょうか?

では、基本的な情報とはどういった内容なのかをご説明していきます。

炊飯器について

これから炊飯器を買おうとしている皆さんに、大きさ、機能などいくつかのカテゴリーに分けてご紹介していきましょう。是非、炊飯器選びの参考にしていただければと思います。

炊飯器の大きさ

炊飯器には1~3合炊き、3.3合炊き、5.5合炊き、8.5合炊き、1升炊きがあり、家族構成やご飯を食べる頻度などで最適なサイズを選ぶ必要があります。一人暮らしであれば1~3合炊きで十分でしょう

炊飯器の種類

IH、IH圧力、マイコン、ガスの4種類があります。最もメジャーなのはIHですが、最近のトレンドはIH圧力に集中しているようです

炊飯器の便利機能

炊飯器には、炊飯機能のほかに、パン、ケーキなどのスイーツ、煮物、蒸し料理などを作れる機能があります。

他にも、米の種類に応じて炊き分ける機能や、炊き上がりの米の硬さを選べる機能や、蒸気が出ない機能など多機能にわたります。

お勧めの炊飯器BEST3


さて、ここまで機能や、種類などのカテゴリー別にご説明してきましたが、改めて一人暮らしの方にはどの炊飯器が最も適しているのでしょうか?

ここからは、機能面や価格、炊き上がりのスピードなどの観点から、よりお勧めのものを3つご紹介します

KH-SK100 KAIHOU

KAIHOUが出しているKH-SK100という商品は、3.5合炊きでサイズ的には小さいですが、お米はもちろん、甘いデザートも作れます。これがあれば、デザートに使う調理器具をわざわざ買う必要が無くなり経済的にもお得といえそうです。

SRC-15 ホームスワン

ホームスワンが出しているSRC-15という商品は、1.5合炊き用の小さな炊飯器です。特長は何よりも炊飯器に見えない可愛らしいボディでしょう。インテリアにも馴染みが良く、1人暮らしであれば卓上にも置けてお勧めです。

マルチライスクッカー クマザキエイム

クマザキエイムが出している商品で、魅力は炊き上がるスピードが速いことです。それだけではなく、ケーキ、ヨーグルトなどの調理が9種類もできるところもポイントではないでしょうか。25分でご飯が炊けるため、忙しい人には特におすすめです。

一人暮らしでお米を炊くには炊飯器以外もある?


さて、冒頭でも触れましたが、お米を炊く方法には炊飯器以外にもいくつかあります

たとえば、100円ショップではお米1合分がレンジで炊ける便利グッズもありますし、昔家庭科で習ったかもしれませんが、フライパンや鍋などを使ってお米を炊くこともできますよね。

では、1つずつご紹介していきましょう。

土鍋や圧力鍋を使う


まずは、土鍋や圧力鍋を使う方法からご紹介しますが、1人暮らしの方で土鍋や圧力鍋を持っている方はそう多くないと思いますので、参考程度にご覧ください。

まず、土鍋で炊くとふっくらと炊き上がる利点がありまして、美味しいお米を食べたい方にはお勧めです。また、圧力鍋でご飯を炊くとよりもっちりした食感のご飯が楽しめますし、比較的土鍋よりも早く炊き上がります

レンジ専用の炊飯器


次に、レンジ専用の炊飯器を使う方法をご紹介します。電子レンジで短時間でご飯を炊くことができるため、食べたいと思ったときにすぐに炊ける利点があります。

また、先ほども少し触れましたが、100円ショップでも購入することができ少量しか炊かない、滅多に家でご飯を食べる機会がない、という方には炊飯器を買うよりも経済的にお得かもしれません

フライパンでお米が炊ける!


実は、フライパンでお米が炊けることをご存知でしたか?キャンプをよくされる人は既に実践されているかもしれませんが、強火で炊けば最短で10分程度で美味しく炊き上がります

ただコツがいくつか必要で、フライパンの傍で見ておかなければならないのがやや難点かもしれませんが、モチモチで米一粒一粒が立ち上がっているような食感を味わうことができます。

一人暮らしでお米を炊くなら炊飯器が一番!?


さて、お米を炊く手段をいくつかご紹介してきましたが、炊飯器が世の中から無くならない理由は必ず他の方法よりも優れたメリットがあるからでしょう。ここからは、炊飯器でご飯を炊くメリットを徹底解説したいと思います。

炊飯器で炊く際のメリット

炊飯器でご飯を炊く最大のメリットは、やはり水とお米を入れたらボタンをワンプッシュするだけで炊けるシンプルさではないでしょうか。

先ほどご紹介した他の手段より炊き上がるスピードや美味しく炊けるかどうか、に関しては一概に機器ごとに差があるため言えませんが、炊き上がるまで見ておく必要もなく、炊き上がるまでに電子レンジやフライパンで他の調理も可能なところも大きな利点です

他の方法は手間が掛かる!

最も短時間で美味しいお米を食べるためには、きっと圧力鍋が良いでしょう。しかしながら、圧力鍋も結構高価ですし、何と言ってもコンロを塞いでしまうため、1口コンロの方はその間調理が止まってしまうので一人暮らしであればあまりお勧めできません。

また、美味しい炊き上がりなら土鍋もフライパンも負けていません。しかし、炊くうえで浸水時間が必要であったり、様子を確認する必要があったり、コツを知っておかなければいけないうえに、圧力鍋同様コンロを塞いでしまうので、こちらもお勧めできません。

総合的に考えると一人暮らしの生活には炊飯器は必要!

一人暮らしの場合、お米を炊く時には手軽さ、早さが優先されると思います。更に、コンロが1口しかないという方も当然多いはずですから、総合的な観点から見てもはご飯を炊くのであれば、炊飯器が最も優秀です。

しかしながら、せっかくお米を食べるのであれば美味しさも重視したいですよね。美味しいご飯が食べたいのであれば、妥協はせずにそれなりに高価な炊飯器を買う事もおすすします

とにもかくにも、ボタンをワンプッシュするだけの手軽さと、炊き上がりを待つ間に他の料理が作れてしまう点、またヨーグルトやケーキ、煮物など様々な料理が簡単に作れてしまうなどの点からも、炊飯器は一人暮らしの最強の味方と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です