一人暮らしで寂しさを感じた瞬間は?寂しいときの対処法をご紹介!

一人暮らしを始めた当初は、晴れて一人暮らしをスタートできたことに喜びまで感じたことでしょう。

しかしながら、思い描いていたものと違い、ふと寂しくなる瞬間ってありませんか?もしかすると、家族の有難みを再認識している人もいるかもしれませんね。

ところで、一人暮らしは寂しいことばかりなのでしょうか?また、世間の一人暮らしの先輩たちはどうやって寂しさを乗り越えてきたのでしょうか?

今回は、一人暮らしで寂しさを感じた瞬間について取り上げ、さらには寂しさを感じた時の対処法をご紹介したいと思います。

寂しさを感じた瞬間とは?

憧れの一人暮らしをスタートさせたものの、実家暮らしとは違って何でも1人でやらなければならないので実家が恋しくなる人は少なくないのではないでしょうか。

実家暮らしの時とは違い、朝起こしてくれる人もいませんし、ご飯を食べる時もひとりぼっちです。このように様々なシーンでふと寂しさを感じることがあると思います。

一人暮らしをしている人たちはどんな瞬間に寂しさを感じているのでしょうか?多かった意見を分析した結果、自分1人しかいないことを実感したときと、家族の存在の有難みを感じた時に特に寂しく感じると分かりました。

自分1人しかいないことを実感するとき

一人暮らしを寂しいと感じる瞬間は、あなたが部屋という空間に自分1人しかいないことを実感するときが多いと言えそうです。

「ただいま」と言っても返事がない

帰宅したとき「おかえり」と言われることが当たり前になっていた人にとっては、とても孤独を感じる瞬間かもしれません。

天災が来た

特に、地震はいつ起こるかわかりませんから、部屋にあなた1人のときに突然大きな揺れが来たら不安になるに違いありません。又、一人暮らしであれば火災にならないよう、火の始末には一層注意しなければなりません。

ひとりぼっちの食事

今まで実家で家族みんなで食卓を囲んでいたという人はとりわけ寂しく感じます。重ねて、一人暮らしであれば自炊をすることも出てくるでしょうが、自炊した料理の味がイマイチの時はさらに母の味が恋しくなります。

来客が帰った瞬間

友達や恋人が遊びに来ていたり、家族が実家から会いに来てくれたりしたときは日頃ひとりぼっちで過ごすからか、とても楽しい時間に感じます。

ですから、来客が帰ってしまった瞬間はいつも以上に寂しく感じてしまうのです。

恋人がいないとき

失恋

一人暮らしも落ち着いてくると、恋人ができる人もいるかもしれません。うまくいっている間は、楽しくてたまらないでしょうが、恋人と別れたときはその気持ちを共有できる相手が居ない分、寂しさを感じる人が多いようです。

今まで家族と過ごしてきた時間が濃い分、普段、時間や気持ちを共有する相手が居ないと感じた一瞬一瞬に、孤独を感じて寂しくなってしまうようでした。

記念日

ひとりぼっちで過ごす記念日は寂しいものです。毎年家族が祝ってくれた誕生日は特に懐かしく感じるでしょうし、街中が賑わうクリスマス、大晦日のカウントダウンはより一層寂しさが増すでしょう。

家族の存在の有難みを感じたとき

一人暮らしを始めると、実家から仕送りが届いたり、時には電話連絡が来たりすることがあると思います。実家を出た当初は存在すらうざったかった家族かもしれませんが、離れて暮らしてみて改めて家族の存在の有難みを感じるものです。

家族から連絡がきた

離れて暮らす家族からかかってくる電話は心温まる一方で、電話口の賑やかな家族の声が聞こえてきて余計に寂しさを感じるものでもあるようです。

体調を崩した

体調を崩したときは、一人暮らしの男性は特に寂しく感じる瞬間だともいわれます。実家に居た頃は体調を崩すと家族の看病やサポートがありましたよね。すぐ近くで看病してくれた母の存在はとりわけ大きいと言えます。

部屋が散らかっている

掃除を母親に任せていたという人も多いはずです。

あまりの忙しさに部屋の掃除まで手がかけられず、片づけられない自分に虚しさを抱くかもしれません。また改めて母の存在の有難みを感じるきっかけでもあるかもしれません。

一人暮らしをしてみるまでは、料理や掃除、洗濯なんてやったことがなかったという人がほとんどでしょう。

今まで黙って何でもしてくれていた母の存在は特に大きく感じるかもしれませんが、一方で、より孤独を感じてしまう瞬間でもあるのですね。

寂しさを紛らわすいくつかの方法

では、一人暮らしの寂しさはどのように紛らわせばよいのでしょうか?ここでは、一人暮らしの先輩たちが提案する寂しさの紛らわし方をいくつかご紹介しましょう。

DVDやテレビ番組を鑑賞する

好きな映画やドラマなどを観るようにすると、あっという間に時間も経って寂しさも軽減されます。

また、寂しくて仕方がない人にはお笑い番組がお勧めです。きっと、見始めた時は寂しくとも嫌でも楽しくなってくるものです。

SNSに投稿する

20代後半にもなれば独身の仲間が少なくなって寂しさを共有できる仲間を探すのも困難になります。SNSを用いることで誰かと繋がっている安心感が生まれ、寂しさが軽減できるのでお勧めです。

趣味を見つける

寂しさを忘れられるくらい没頭できる趣味を探しましょう。特に1人でできることを趣味にするのがおすすめで、ゲームでも良いですし、読書や、1人カラオケ、1人家飲みなども良いかもしれません。

ペットを飼う

ペット可の物件に住んでいない人にはなかなか難しいですが、ペットを飼うことも寂しさを紛らわすには有効です。帰宅したときにかわいいペットが出迎えてくれたとしたら、寂しさも吹っ飛んでしまうに違いありません。

人を家に招く

友人、恋人、または実家から家族を呼ぶのも良いでしょう。寂しいときは決して無理をせず、知人を家に招待して楽しい時間を過ごしましょう。

寂しさを紛らわすのは時には難しいこともあるでしょうが、一人暮らしの先輩がたが実践してきた寂しさを紛らわす秘訣なので、寂しさがゆえに憧れていた一人暮らしを挫折してしまう前に、まずは試してみてくださいね。

一人だからこそできることもある!

さて、一人暮らしは再三話してきたように、孤独を感じる場面が多く、寂しいと感じる人は多くいます。けれども、その孤独であることをプラスと捉えることができれば、あなたの一人暮らしの日々は楽しいものになるかもしれません。

1人旅、1人焼肉、1人カラオケ

これはあくまで一例ですが、1人だからこそできることもたくさん存在します。

せっかく1人になれたのですから、ひとりぼっちをマイナスには捉えず、その時間をあなたなりに存分に楽しむようにしてみてはいかがでしょうか。

寂しい生活から抜け出して明るい新生活を始めましょう!

一人暮らしをスタートすれば誰しもふと寂しくなる瞬間はやってきます。しかしながら、その寂しさとどう向き合い、対処していくかが一人暮らしを挫折しないうえでは大切になってきます。

もちろん、どうしても寂しいときは無理は禁物です。

この孤独感は一人暮らしを経験した人でなければなかなか理解しえませんから、寂しくてたまらない時こそ、一人暮らしの先輩方の寂しさの紛らわし方を参考に、上手に寂しさから解放されてほしいと思います。

最後に、憧れを抱いて始めた一人暮らしですから、きっとあなたの中で「1人になること」、「一人暮らしをすること」は何かしらプラスであったはずです。

せっかく晴れて1人になれたのですから、スタート当初の思いを大切に、一人暮らしを最大限楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です